FF11プレイ日記。Carbuncleでプレイしていました。
メインは詩人ですが、いろいろなジョブやってます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
FF昔話 ソロムグと初チョコボ
サンド生まれで青春時代をバルクルムですごした私なので、「ソロムグ」という土地は果てしない彼方にある感じでした。初めて船に乗り、ブプリムに到着してキリンを見たときの驚きも今となっては懐かしいだけです。

が。

そのとき一緒だったPTの会話。

「ここから北にいくとメリファトでさらに北にいくとソロムグに出る。その奥にジュノがある」(この人たぶんβな人)
「ソロムグって、あのLv30代でもとてつよ(*1)がたくさんいる?」
「うん、Lv30代の死体がいっぱいなところ……」


ひぇ〜〜と思いましたよ。なんせこちらはまだチョコボにも乗れないヒヨコです。
Lv30オーバーっていったら立派な大人。超強い人たち。そんな人たちの死体が一杯なトコなんて……。

この体験は私の奥底に刻み込まれました。

さて。

Lv21でジュノに到達した私はチョコボ免許を取り、サンドリアへ凱旋。
まだ200G程度で乗れたのでサンドからウィンダスへ行ってみようと考えました。実はこのときまだウィンダスに行ったことがなかったのです。

ルートはロンフォ-ラテ-ジャグナー-バタリア-ソロムグ-メリファト-タロンギ-サルタバルタ-ウィンダス。

いざ出発。

あのころは世界の果てと思っていたホラの岩を駆け抜けていきます。
気持ちいいような、少しさびしいような感じ。

バタリアからソロムグに入りました。

見たこともない青い生物や鳥人間や恐竜。
チョコボに乗ったまま調べてみるとどれも「とても強い」。

いつか聞いた「ソロムグ死体累々」の話を思い出しました。
襲われないとわかってはいても、やっぱり怖いものです。
チョコボを南へむけて走り出しました。ましたが……。

急にチョコボが停止し、下ろされてしまいました。


あれ(゜△゜;)
俺、なんかボタン押したかな……


そう、私はこのとき、チョコボ騎乗時間がリアル30分だということを知らなかったのです(´д`)

下ろされたのはソロムグのど真ん中よりやや南より。幸い周りには敵はいませんでしたが、どうにかして安全な場所まで逃げないといけません。
ジュノへ戻ろうかと考えましたがここまで来る途中にいるモンスターの数を見ていたのであきらめて、メリファトへ行くことにしました。

マップは幸いありましたが、表示されている道沿いにはモンスターがいることが多く、大きく迂回していくことに。MGS魔法はまだ未実装なので、本当にスネークになったように進んでいきます。
手が震えてました。青い竜に一度だけ絡まれてしまいました。もうどうなってもいいと思ってひたすら南へ突っ走りました。ちなみに戦/白です。

なぜかタゲが切れており、危機を突破した私はメリファトに到着。
このエリアは始めてなので道沿いに行きます。今考えるとこれが一番よかったんですね。メリファトは道にはモンスターがいません。

そしてやっとタロンギに着きました。ようやく知っている場所にまで戻ってきたのです。アクティブなのは獣人のみなので、MGSで突破し、やはり初めてのサルタバルタに到着。

初めてみるいも虫の気持ち悪さに吐き気を催しながら、ついにウィンダス連邦に到着したのでした。
チョコボからの強制降馬という事件から半泣きの逃避行の末、ついについたウィンダス。これぞ冒険(´∀`) ですよね。



(*1)……このころはまだ「とてもとても強い」は実装されておらず、一番強いのが「とても強い」だった。

| 昔話コラム | 00:00 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
NEW ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
qrcode
↑携帯URLはコレで。